衆議院選挙前 所感

本日、衆議院が解散した。
そう、ほぼ確実に日本のTOPがまた一年で終わった。

何度も言うが、私は民主党支持者ではない。
改憲論者という意味ではむしろ自民党支持の方が自然だ。
しかし、何よりも日本という主権国家のTOPがマスゴミと国民に
一年ごとに潰される事に相当の違和感を覚える。

世界の国から見たら
「日本の国民はいったい何がやりたいんだよ」
という感じではないだろうか。

自分の国に文句だけ言い、傷つけ続けて
終いには自分の生活を苦しめる。
何のメリットがあるんだろう、と・・・。

今一度良く考えて頂きたい。
政治とは、国の未来であり、国民の将来の生活であり、自分の未来を決める事なのである。
蚊帳の外から文句だけ言っていれば、
政治家が打ち出の小槌とかドラえもんのポケットみたいなところから
無尽蔵に裕福になれるアイテムを出してくれるなんて
とんでもない勘違いをしているようだが・・・。

まずは自分が政治家になって国を運営するのであればと考えて欲しい。
そうすれば、必然的にマスゴミに操られて
無責任なクレーマーになったりしないと思うのだが。

今の暮らしが苦しい、
日本の未来が暗い、
そんな風に思っている理由を
すべて民主党政権が原因だ等と思っているのであれば、
そんな貴方は次期政権にも対しても
文句タラタラの無責任クレーマーになるのであろう。
それでは貴方ならどうする?
そのように問いたい。
自分で意見しないで、文句だけ言う輩、
そんな輩には自分はなりたくはない。
権利を主張するならば義務を果たせよ!
そんな事を言いたくなってしまうのである。

少子高齢化、財政赤字、無資源国家、他国が決めた憲法。
これだけ挙げても、この国がこの先、前途多難であることは自明の理である。
そんな中をバランス良く綱渡りするしかない国、それが日本なのである。
自民党がやったって、民主党がやったって、
小泉元首相が言ってたように国民が痛みに耐えずして
国家の明るい未来はないのだ。
1000兆円も借金があるのだから、当然といえば当然であろう。

それゆえ私は大きく国の仕組みを変えたい。
すべての役人がダメとは言わないが、
やはり官僚主導政治が日本をダメにしたと思っている。
霞が関の利権は、決して日本国やその国民の利権と一致はしていないと思っている。
天下りを数回繰り返して億万長者になるっていうのが、公僕のする事か?
また、戦争は反対だが、軍隊を持たずして、
主権国家として自国を守れるとは絶対に思わない。
強い軍隊は戦争をしない為の具だと思っている。
また、強い軍隊は強い外交手段であるとも思っている。
そしてこの強い軍隊を作ることを防止する為の憲法が
日本国の足かせや猿轡になっていると思う。
自衛隊を軍隊として動かせる憲法を作ろう。
参議院を廃止して、強いリーダーシップを発揮出来る政権を作ろう。
そんな理想を持っている。

そんな考えでは橋下維新の会党首や石原元都知事の考えは
大いに賛同出来るところである。
また、渡辺喜美みんなの党党首に至っては、
自分の保身を放棄してまで国家に献身した実績付だ!
このような政治家の方々に一票投じたい。
そんな気がする衆議院選挙前である。
[PR]
# by primeministert | 2012-11-16 15:21 | モノ申す

決められない政治 決められない国

小沢派の造反議員が57名にもなったそうだ。

自民党は900兆円の借金を作った大罪人だ。
そして民主党は人柄は能天気に良いが、実は素人集団だった。
消去法で政権を担うことができる二大政党のどちらも、
好きにはなれそうもない。

そしてここにきて、本当に決められない政治・・・。
政治家が悪いのか?
それもあるだろう。
しかし、主因は制度の悪さだと言い続けてきた。
それはそうだ、戦後の日本が二度と復活出来ないように
アメリカが足かせの為に作った制御装置が日本国憲法だ。
こんな憲法という足手まといの制御装置の下で
まさに我が国が苦しんでいる。

それをこの国の国民ときたら
平和ボケか何か知らないが、
そのことを気がつかないから、
無責任なクレーマーと化している。
文句だけ言って、
何か他人が自分を幸せにでもしてくれると思っている。
自分たちが900兆円の債務者だとも知らずに・・・。

今回の消費税反対もそうだ。
対案もなく、ほざく。
ただただ、無責任に文句を言う。
そして常に反対勢力が国家運営を阻む。

それは、社会制度改革法案と
対に可決しなければならないと考える気持ちも分かる。
まずは、政治と公務員が身を切れというのも分かる。

しかし、そんな我が国の停滞している間に、
世界で何が起きているか、ご存じか?

TPPを同時期に参加表明したメキシコを始め数国は
TPP加入の道筋をつけてきている。
ころころとTOPが替わる日本と外交が出来ないということで
日本は蚊帳の外に追いやられた上で、
韓国、中国、インド、シンガポール等の間で
経済提携、平和条約、貿易協定のさまざまな枠組みが出来てゆく。

もう一度言う。
何も決められない、
政策が毎年変わる、
鳩という頭の弱い馬鹿が総理大臣になり得る、
そんな国は、グローバルな世界の蚊帳の外だ。
圧力をかければ屈する国、
日本国憲法というギブスをはめられた国、
自国を自国が守れない非主権国家の国、
こんな日本を誰が相手にしよう?

平和ボケ&クレーマーの日本の国民さん。
この国をどうしようとお考えか?
[PR]
# by primeministert | 2012-06-26 22:02 | モノ申す

消費税増税法案

弊サイトでは一貫して財政再建こそが
日本再建の道であると言い続けている。
つまり表題の消費税増税についても是である。
しかしながら、先だって古賀茂明氏著の「官僚の責任」を拝読して
一つだけ大きな条件を付けなければいけない事を痛感している。

それは、公務員制度改革とセットでの決議にしなければならないという事。
官僚の体たらくぶりもまた、何度となく弊サイトで訴えてきてはいたが、
どうやら、私の予想を遥かに超えて、
官僚組織の腐敗ぶりと、それによる被害が甚大であるようだ。
つい昨年まで現役官僚であった彼の告発は、
本当に生々しく、また的確に腐敗した組織の状況をとらえている。

官僚にむける厳しい世論の中には、ヒガミややっかみのような物もあるが、
それを差し引いても、現在の官僚組織によるモラル無き既得権というものは
凄まじいものがある。

この不公平を未解決のまま、国民に増税を強いるというのは極めて危険である。
まさに官僚どもの思うツボであろう。
既得権をむさぼり食って、税金でヌクヌクとしている者を免罪して
我慢の限界を超えた生活を強いられている国民に
増税を強いるというのは、やはり不条理であろう。

また、前著の結論づけが弊サイトと同様なのが、なんとも頼もしかった。
官僚を抑えつけるためには、政治家の襟元を正す必要がある。
それには、他でもない、国民の選挙権が絶対に必要条件なのである。

選挙に行かない事は、選挙に行く既得権を持った組織に一票投じる事に等しい
この事を、国民として肝に命じて頂きたいものである。
[PR]
# by primeministert | 2012-01-26 20:06 | 法案

2012年 年頭所感

財政、外交をはじめとして多くの面で瀕死の重体であった日本に
東日本大震災という災いが容赦なくが襲いかかった年が明け、
ひとまず、新しい年が始まった。
震災の影響に加えてユーロ危機による円高等、
年頭から明るいことばかりを言ってはいられないが、
弊サイトが一貫して訴え続ける日本再生計画内容にブレはない。
しかし、年頭ということで再度確認しておこう。


財政 
小泉元首相が掲げていた理念
「財政再建なくして景気回復なし」
この理念を再度強く賛同しておこう。
超高齢化社会と破たんした年金制度、
これの解決なくして、個人消費の回復はあり得ない。
減税を受けたとしても、馬鹿な商品券をばら撒いたとしても、
将来の不安を拭えなければ、収入は貯蓄にまわるだけであろう。
国民が欲しいのは現金ではない。
我々が欲しいのは将来における安心である。

社会保障 
財政と問題点を一にする問題である。
将来の安心を得るには避けては通れない問題である。
具体的には年金を国税庁に移管して未納者から確実に徴収すること。
また、多額の医療費を必要とする場合のさらなる高待遇、
そして一定の資産を有する高齢者への医療費の増額(2割程度)負担。
無駄を防止する意味での、「無料制度」の一切の廃止。
無料だと必要のない通院が増える。
無料が無駄を生む、これを弊サイトではバイキング方式の弊害と呼ぶ。
数百円でもいい、有料にすれば無駄は減る。

公務員制度改革 
政治家が自ら痛みを味わうのもスタンスとしては大切であるが、
政治家の数など、たかが知れている。
本当に効果が大きくて必要なのは公務員の賃金カットである。
あの手この手を使って法の網をかいくぐる運用を生み出し、
既得権を煙にまく官僚たち。
彼らは政治家と違って国民の審判によって職を追われることはない。
失業リスクや競争原理ののない守られた身分と、それ故に腐敗した組織。
そもそも、別に彼らは国を良くしたくて官僚になった訳ではない。
一番偏差値の高い高校に合格した優等生が
一番偏差値の高い東大を目指し、それに合格して、
一番エリートと呼ばれる官僚という目標を達成しただけの話。
つまり彼らは官僚になりたかった訳じゃなく、
一番難関の勝負に勝利したかっただけなのだ。
こんな具合だから、彼らが国民の「裏方さん」になって
最低限の暮らしを血税で営むなんて気になる訳がない。
こんな誇り高きエリートなどは、国にとっては不要である。
愛国心にあふれ、国民のために汗をかく人間が
公務員であってもらいたい。
具体的には、国家公務員の賃金は最大4割カット、
地方公務員の賃金は最大2割カット。
せめて、平均的なサラリーマンの生活に落として頂きたい。
何より1000兆円の借金を作ったのは政治家と公務員なのだから・・・。

国民の責任 
公務員制度改革に関連するが、
官僚のやりたい放題を止められるのは国民ではなく政治家である。
ということは、政治家が官僚ではなく
国民の方向を向いていなければならない。
それなのに、我が国の国民においては、
その意識レベルの低さに失望せざるを得ない。
6割そこそこの選挙の低投票率がそれを物語っている。
唯一で最大の権利を行使しない。
それなのに文句だけは言う。
こんな国民のレベルを向上させなければ、
官僚をはじめとした既得権者に征服された日本は変わらないであろう。
選挙に行っても何も変わらない?
いや、何も変わらなくしている一番の元凶は
そんな貴方の選挙権の放棄なのである。
アラブの風は極東には届かないのであろうか。
貴方はこのまま官僚の奴隷に甘んじていて、良いとお考えか。

マスコミの責任 
国民のレベルが高ければ
マスコミも高い機能を発揮する機関になりえるであろうが
残念ながら、ワイドショーや
低俗タブロイド紙が売れるのが現状の我が国にあって
マスコミは単なるクレーマーとなっている。
一流大学卒の優秀な人材が「マスゴミ」と化して
今日も人の揚げ足取りに夢中になっている。
そして、愛する家族を他人の不幸で養っている。
こんな「マスゴミ」を許しているのも低俗な国民なのである。
マスコミが本来のマスコミの責務を果たすために
国民とマスコミのレベルアップを望みたい。

外交 
いろいろと述べてきたが、
すべての問題に優先するのが外交である。
自国の領土と国民の安全が担保されない上では
公務員制度改革も社会保障制度改革も景気回復もあり得ない。
それ程、土台となるべく重要な問題が外交である。
人間の良心ほど宛てにならないものはなく
他人を犯罪者にしない自己防衛が必要だというのは
私が弊サイトで一貫して言い続けていることである。
無人ダイヤモンド売り場が成立しないという、その話だ。
現在の日本は自国を自国で守れない。
いわば主権国家であって主権国家でない国なのである。
どれだけ日本に正義があっても、
守ってもらっているアメリカには絶対に逆らえない。
これだけは事実なのである。
これが嫌であれば、軍隊を擁し、核兵器を持って
世界とのバランスを保たねばならない。
軍隊や核兵器は戦争に使用するものではなく
平和な外交を進めるための手段なのである。
この事も何度も言っている。
これを否定する者は、やはり
無人ダイヤモンド売り場を経営するか
自宅の鍵を施錠しないで出かけて頂きたい。
人間は盗みを働くような悪い生き物ではないのでしょう?

教育 
これも何度も言っていることであるが
教育は全ての問題のルーツである。
全ての問題に優先するのが外交であれば
全ての問題のルーツであり、
その問題を解決するのに不可欠なものは教育であるのだ。
この教育とは道徳と読み替えてもいい。
道徳が高ければ、既得権にもしがみつかないであろう。
道徳が高ければ、国家間の争い事も減少するであろう。
道徳が高ければ、責任をもって選挙にも行くであろう。
道徳が高ければ、治安も良くなるであろう。
理想を言えば、規律など一切ないが、道徳で成立する世の中を・・・。
ただし、人間の道徳は残念ながら神の域ではない。
よって、道徳を高められるところまで高めたら
あとは法律、規律、罰則によって
世の中のバランスを取るしか、方法はなかろう。


さて、いろいろと書いたが
全てが初の書き込みではないことに気づく。
このブレない理念に少しでも近づいてくれるよう
自分の襟元を正しつつ、世の中が良くなる事を
節に祈るばかりである。
[PR]
# by primeministert | 2012-01-08 22:00 | 所信表明演説

絶対におかしい年金制度改正

年金改正自体がおかしい訳ではない。
むしろ、一刻も早く改正せねばならない。
おかしいのは、その内容である。
具体的に言えば、年金支給年齢のさらなる引き上げの事である。

60歳であった公的年金の支給開始年齢は平成6年の改正により
段階的に65歳まで引き上げとなることになっている。
高齢化するアンバランスな人口構成と破綻寸前の国家財政を考えれば、
確かに理解出来なくもない。
しかし、今回の68歳から70歳までの案というのは、完全に理解の範疇を超えている。
仮に我が国の財政が破綻する状況に逼迫されていたとしても
まだ支給年齢を引き上げる前に講じるべき対策が残っているのではなかろうか。


まずは、年金未納者の問題だ。
4割を超える未納者をどのように扱うか?
彼らは完全にルール違反、法令違反をしている。
現在自分が支払っている年金保険料は、決して将来の自分のものではない。
現在の年金受給者の年金分を全国民で配分しているのだ。
よって未納者は自分の義務を果たしていないのだ。
自分の老後は自分で支払うから良いという意見は筋違いなのだ。
しかしながら、私とて国民のモラルだけを信じて納付率100%を達成出来るなどと
言うほど能天気な性善説論者ではない。
未納者よりも、未納者を生みだしてしまう制度に問題がある。
税金のように強制的に支払わざるを得ない制度改正が必要なのだ。
早く国税庁に管轄を移管して、強制執行により国民に等しく負担を配分して頂きたい。
消費税率を上げ年金財源に充当するのも有効な手段である。
過去の未納だった保険料を遡及して支払い出来ない者は
受給額を減らして調整するしかないであろう。
くれぐれも正直者が馬鹿をみる制度にだけはしないように。

次に社会保険庁の泥棒役人どもの処分だ。
彼らは余りにもずさんな管理をしただけでなく、年金保険料を横領するまで至った。
これを泥棒、窃盗と言わずして、なんと解釈しよう。
この盗人どもは、ちゃんと法の裁きを受けたのだろうか?
この盗人どもが、一般国民よりも良い生活などしてはいないだろうか?
今となってはもう捜査不能というのであれば、
真面目に働いていた役人さんには大変申し訳ないが、
元社会保険庁の庁員一律に給料を半減する位して頂かなければならないであろう。
サラリーマンの平均年収が400万円を切りそうなご時世だ。
年収100万円から200万円台で、苦しんでいる方々が沢山いる。
そんな中で、元社会保険庁員は半減しても裕福なはずだ。
何より、彼らは税金によって守られており、失業リスクがまったく無い。
何度もいう、泥棒は捕まえたのか?
捕まえもせずに、まさか国民に負担を強いているような事はないだろうか?

最後に、現在の年金制度を構築して運用した者の責任はキチンと問うたのであろうか?
平成16年に公明党が中心となって、「100年安心」と言ってこの制度を構築し、
その制度を自民党政権が賛成した。
現在、平成23年、あれから100年どころか7年しか経過していない。
私は平成16年の当時、この「100年安心発言」に猛烈に反応していた。
嘘だ、嘘だと声を大にして訴えた。
分かってはいたが、本当に嘘だった。
それを今になって世間は改めて知った。
公明党、自民党を始めとした関係者この責任はどのようにしてとるのであろうか?
国民はこうした責任問題をひとつひとつとトレースしてゆく事が必要である。
何故か。
それは、トレースしていかないと繰り返されるからだ。
60歳になると年金がもらえると思っていた我々は、65歳に引き上げられ失望した。
そして、今回浮上した68歳~70歳の引き上げ案。
これはイコール、将来75歳も有りうるという事を意味する。
極端な話、財政が逼迫すれば100歳だって可能だという事である。
その結果、我々は、老後にどれだけの貯蓄が必要で、
何歳まで働かなければならないかという事が、全く予想出来ない。
この先行き不安が、未納者を生み、デフレを生む悪循環になる。
日本の国民は海外の国民と比較して、総じて一定の貯蓄はあると言われている。
社会福祉先進国から「なぜ多くの貯蓄を持ったまま死んでいくのか?」
と問われたことがあるという。
いつも言うが、国民が欲しいのは目先の現金ではなく、安心だ。
これは景気回復とも深い関係があると私は考えている。
減税するからお金を使って下さいというよりも、
将来の安心は年金で保障するからお金を使って下さいという方が、
景気回復にどれだけ有効である事か。
公明党の「地域振興券」、民主党の「こども手当」、
国民が欲しいのは、そんなモノではなく、将来の安心だ。
安心した制度があれば、また無駄に使われていないことが分かれば
国民は喜んで税金を支払うであろう。

話は戻るが、政治家に嘘をつかれないように責任を追及しておきたい。
平和ボケしたこの国の国民は、その時は熱狂していても、
喉元過ぎれば、その事柄を何も覚えていない。
郵政選挙で離党させられた議員を、同じ党の次期総理は旧友として受け入れた。
この時、どれだけの国民が「嘘をつかれた」と言って怒ったであろうか?
本当にこの国の国民は、すぐに忘れる。
まるでテレビドラマを見ているような感覚で政治を見ている。
自分がドラマの主役だということも忘れて、何か他人事で政治を画面の外から眺めている。
だから、すぐに忘れてしまうのだ。
だから、無関心になれるのだ。
だから、揚げ足取りのマスコミが調子に乗るのだ。
政治とは、自分の国の将来を決める事なのだ。
政治とは、自分の将来を決める事なのだ。
仮にそれを承知で放棄する者がいるのであれば、
その者に重点配分して多くの税金を支払って頂こう。
どんなに自分に不利の法律が制定されても、文句は言わせない。
選挙に行かないような者からは税金を倍額支払わせよう。


今回の年金問題を始めとして、
昨今の貧富の差の拡大、外交の失政、モラルの低下、治安の悪化、失業率の上昇等、
そろそろ、本気で全てをひっくり返さなければいけない時期が来てはいないだろうか。
今こそ本当に国民が利口になって、この国に革命を起こさねばならない。
そんな事を考えずにはいられない昨今である。
[PR]
# by primeministert | 2011-10-13 01:13 | モノ申す

震災後の立ち位置の確認

1.菅総理辞任表明
「民主党にはホトホト失望させられた。」
「菅直人は自分の権力の維持の為に精一杯。」
色々な意見は、理解出来なくもありませんし、
私自身、決して民主党支持者でもないのですが、
この件に対しては、日本国という国のTOPが1年毎に変わる事に
一番の危機感を感じずにはおりません。
この間に我が国が失った外交的損失を憂いでおります。
日本が内輪もめしている間にも、
道徳無き世界経済第二位の国は確実に、我が国の権益を食い漁っておりますぞ!
世界の外交というものは、そういうモノだとも思いますし・・・。

2.政治の停滞
「新しいリーダーに相応しい人は誰か?」
「誰ならば日本国の未来を任せられるか?」
「人材難の日本政治界、誰が首相をやっても同じ?」
いえいえ、私は日本国の制度疲労が原因なだけと考えます。
どんな優秀な方がリーダーになっても、
その方の能力を活かせない制度が、正に日本の政治の制度だと思います。
では、どうすればいいか?
それは、米国が戦争終了時に日本を骨抜きにする為に各所に埋め込んだ抑止装置、
その日本国憲法の改正しかないと思います。
その第一歩として中選挙区制の復活が大切だと思います。
そして憲法を改正できた暁には
衆議院に反対すれば「有害」、賛成すれば「無用」である参議院の廃止をすること。
そしてやはり、他国の力を借りずに自衛隊だけで
自国の領土と国民の生活の安全を守れる事、これが大切だと思っています。
その為には様々な制度の改正が必要だと考えております。
ねじれ国会を生むような制度では、日本国がピクリとも動きません。
もっとも、ねじれさせたのは、まぎれもなく我々国民の責任なのですが・・・。

3.原子力エネルギーの是非
私個人的には、真ん中やや反対寄りなんです。
今すぐには無理だが、依存率を下げていかねばならないと思っています。
何しろ「トイレの無いマンション」と言われるように、
その後始末の件に関して何の解決もしないまま、見切り発車しているシステムなのですから。
ただし、盲目的且つヒステリックに「原発反対!」と叫んでいる方には、少々違和感を覚えずにはいられません。
その方々は、きっちりと代替案を持っているのでしょうか?
日本の経済活動と庶民の生活に大規模な節電という犠牲を払う事に
相応の覚悟がお有りなんでしょうか?
弱りかけたこの国の経済への影響とかを、しっかりと考えた上での判断なのでしょうか?
また、年間20ミリシーベルトの被曝の為に非難させられている福島県民の事情と、
一回のCTスキャンの医療行為が7ミリシーベルトだという事情の関連性とかを
しっかりと把握した上での考えなのでしょうか?
各個人の考え方は自由です。
でも、福島県民にその自由が付与されないの事実をどうお考えでしょうか?
私自身は現在の状況であれば、風評被害に遭っている野菜や肉を進んで食べましょう!
全然気になりませんし、何も怖くありません。
むしろ、怖いのはこの国のクレーマーと化したマスコミと
それに必要以上に影響を受けてしまう熱狂的な国民です。

4.日米同盟の是非 
まず、根拠や展望もなく、無責任にメチャメチャにしてくれた鳩、
あなたはまず、政界から引退するだけではなく、司法に裁かれて頂きたいです。
あなたがどれだけ我が国の国益を損なったか、考えるだけでゾッとします。
今の日本が米国無しで存在しない事は、よほど能天気な極楽トンボでなければ自明の理。
確かに自国が主権国家として独立している事に越した事はありません。
しかし、それも根拠があっての事!
今の日本では米国との同盟関係を無くした瞬間に、
尖閣諸島、竹島のみならず、下手をすれば九州や北海道までも
他国に実行支配されそうな危うい状態です。
だから、自国を自国で守れる当たり前の国にしませんかね。
自分の家から出掛ける時に鍵とかかけるでしょう?
高価なモノを他人の目の前に放置することはないでしょう?
無防備な場所や状態は、人間を犯罪者にも侵略国家にもするんですよ。
少々、話が飛躍するかもしれませんが、
そういう抑止力という意味では、私は「核の力」を借りるのも平和の為だと思っています。
世界で唯一の被爆国、それは分かりますよ。
でも、抑止力が無い中で平和を勝ち取れる程、
人間という生き物は性善説で解決がつく生き物ではありません。
これは否定する人がいるのでしたら、
是非とも地方にある無人野菜売り場と同システムの
無人ダイヤモンド売り場を経営して下さい。
その経営が成り立ったら、土下座して陳謝いたしますから!

5.日本の将来
私は安倍首相が早期退陣した事が残念でなりません。
それは小泉首相がこの先ずっと健全であったらば言う事ありませんが
限られた人間の命です、そういう訳にもいきませんでしょう。
そうした場合に、安倍氏はまさにNEXTリーダーだったと思うんですよ。
「愛国心」。
それっって、万国共通で持っている当たり前の清い心だと思いますよ。
それをファシズムの再来とか、侵略国家の復権とかいう人ほど、
よほどピントがズレた人だと思いますよ。
愛国心って、家族を大切に思う気持ちとか故郷を愛おしむ気持ちと同じだと思うのですがね。
[PR]
# by primeministert | 2011-08-21 21:10 | 所信表明演説

拝啓 政治家殿

不信任案の提出だとか新党結成だとか・・・。
この非常事態にあって、政治はいったい何をしてるんだ。
政治家の仕事とは何?
政権を奪取する事?
そりゃあ、政権を奪取しないと自分のアイデアの法案も通せないよ。
でもそれは手段であって、目的になってはおかしいでしょうに。
菅政権に落ち度がないなんて事は言ってないよ。
不満だってあるよ。
だからって、今、新党を作る時期なの?
今、政権を潰す時期なの?
政権を潰したり、総選挙する労力と時間と財源は
いったいどこにあるの?
福島第一を一刻も早く安定冷却しなきゃいけないんじゃないの?
その為に莫大なお金とたくさんの知恵が必要なんじゃないの?
政治がひとつになって、緊急に知恵を絞り出す時なんじゃないの?

それとねえ…。
震災は起きちゃったんだよ。
しかも自然の力で・・・。
被災した方々は本当にお気の毒だけど、誰のせいでもないんだよ。
原発だって国民が選択した政権が推薦してきたんだよ。

だから国民全員が痛みを避けては通れないんだよ。
それをさあ…。
自然災害で八つ当たりする先がないからって、
あたかもその痛みが菅政権のせいであるような考え方はいけないよ。
政権を変えれば万事OKみたいな幻想はもう止めようよ。
誰が首相になったって痛みからは避けては通れないんだよ。
震災は起きちゃったんだよ。
この事実はリセット出来ないんだよ。
現実を直視しようよ。

ボクが菅さんだったら、とっとと辞めたいだろうな。
震災は自分のせいじゃないし、
原発政策は国民と自民党でここまで発展させてきたんだから。
でも、菅さんは政権がコロコロ変わる事のリスクと
トップとしての責任感で続投の意思表明をしていると思うよ。
辞めて経済的に困る訳でもないしね。
仮にトップが変わって
再び福田とか鳩山みたいな無責任野郎になったらどうするの!!
震災前だって、既に景気や財政が危機的状況だったのに、
震災後、いよいよ非常事態になって、
バラ色の政策が出来る政権なんて無いっつうの!
そこいけば、鳩のような奴がトップにいない時で
せめてもの救いだと思うけどなあ。

今の日本に総選挙をする体力と時間はない!!
[PR]
# by primeministert | 2011-06-01 21:01 | モノ申す

憂うべきはこの低俗マスコミと野党の過剰反応

前原外相が外国人から違法献金を受けていた。
法治国家のルールに則っとり処罰を受けるのは仕方がない。
4年間に20万円という政治的レベルというよりも
学生アルバイトレベルの金額であるが、
違反は違反である。
それなりの処罰は仕方あるまい。
それが法治国家というものだ。

しかしながら、私が憂うのは、マスコミの過熱ぶりだ。
さながら「前原バッシング強化キャンペーン」の様相を呈している。
野党の追及も国家の将来を考えてということではなく、
単なる政局の具としての低俗なモノである。
国家レベルの危機に瀕している時に、年間5万円の問題を
何故ゆえ、これ程までの優先順位に位置付けるか、
さらさら理解に苦しむ。
予算関連法案が成立しない中、
来年の日本国はどのように国家として運営されるのか?
中国がロシアが北朝鮮が虎視眈眈と国家権益を狙っている際に、
我が国は5万円で大騒ぎか?
事務処理ミスに決まってるだろ!
20万円でこんな大きなリスクを取る訳がないだろ!
ならば、粛々と処罰すればいい。
辞任とか首相の任命責任とか、そんな大きな話じゃないだろ!
情けないというか、低俗というか・・・。

このまま、マスコミのキャンペーンはさらにエスカレートするであろう。
そのキャンペーンに馬鹿な国民が乗っかるであろう。
こうやって、毎年毎年、総理大臣を引きづり下ろしてきたんだ。
外務大臣を引きづり下ろすなんぞは、この国の国民であれば朝飯前の話である。
毎回キャンペーンに乗って文句だけ行っている方々、
あなた方に代替案はあるのか?
このまま文句ばかり言っていて、この国が良くなろうとお思いか?

私が今一番大切だと考えるのは、この国を少しでも動かす事。
少々ドラスティックでも良いので、政治と国民が一丸となって改革を行うこと。
1年間で内閣が何が出来る。
自民党でも民主党でも第三極でも構わない。
一つの選挙で結果を出したのであれば、
主権者として、もう少し協力的に、かつ責任感を持って、
内閣を見守って頂きたい。
それでも管首相を引きづり下ろすんだろうね。
次は誰だい?
渡辺喜美氏かい?
石破茂かい?
岡田克也かい?
どうせ一瞬だけ持ち上げておいて、数か月でポイしちゃうんだろ!
もう、ウンザリだよ。
頼むから、主体性と責任感を持って日本の将来を考えてくれよ!
[PR]
# by primeministert | 2011-03-06 00:23 | モノ申す

日本国財政待ったなし!!

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が日本国債を格下げした。
その理由は政治のねじれ国会で、法案が一切通らない可能性が大きいから。
まったくもってその通りである。
何も民主党の政策が全て良いところだけじゃない。
しかし、しかしだ。
手詰まり状態の我が国の経済情勢を考えれば、
どのベクトルであろうが、我が国を良くしようとしているある勢力に乗るしかないと思う。
それが民主党でも自民党でもみんなの党でも良い。
要は、この閉塞感を少しでも打開すべく、
政治を一歩前に動かして頂きたい。
何度も言うが民主党の単独政権でも自民党の単独政権でも、
もっと言えば大連立政権でもいい。
とにかく日本国の将来を一歩でも動かして頂きたい。
消費税10%、TPP、年金改革
良いじゃないか!!
とにかく、大きな政策で日本を動かすこと!
その為に抵抗する勢力をぶっ潰すこと!
クレーマーもどきの無責任マスコミ、閉鎖的な農業、既得権益にまみれた官僚ども、
その全ての抵抗勢力をぶっ潰して、
新しい日本を作ろうじゃないか。
その為には、我々国民が傍観者ではなく、
主体性を持って大借金返済に取り組まねばなるまい。
国民が寝ている間に、マスコミが無責任な文句を垂れている間に、
日本国は立ち直ったりはしない。
我々が主体性と責任感をもって、何としてでもこの国を建て直さねば、
日本の10年後は支那の国の乗っ取られているであろう。
あの独裁国家の奴隷になる覚悟があるならば良いが、
そこまで日本国民も落ちぶれてはいまい。
[PR]
# by primeministert | 2011-01-29 00:07 | モノ申す

2010年11月 当サイトの立ち位置

何度となく訴えてきてはいるつもりであるが
時間的な変化も考慮に入れて、
再度、当サイトの考え方を整理しておこう。

1.憲法改正9条の改正を是とする
 命は尊い、戦争は反対、世界平和は是。
 こんな事は当たり前である。
 しかし、無防備が、汚い人間の欲を生む時もある。
 無防備が戦争を生む時もある。 
 核兵器を持った国はこの先大きな攻撃も受けず
 大きな攻撃も出来ない。
 何故なら地球が破滅してしまうからだ。
 残念ながら愚かな人間が平和でいられる為には  
 抑止力としての核は不可欠なアイテムであるのか。

2.無料の影に無駄有り 
 900兆円の借金を如何にこさえてしまったか。
 それはバイキング方式ともいうべき
 使わなければ損という行政の仕組みであると
 以前申し上げた。
 人間というものは無料だというとついに食べ過ぎてしまう。
 バイキングのような仕組みは、まさに無駄の元凶なのである。
 無料の前には費用対効果の考え方も存在しない。

3.財政再建なくして景気回復なし  
 小泉元首相の言葉である。
 まったくもって、その通りである。
 全面的に支持したい。
 国民が現在欲しいのはお金ではない。
 将来の安心である。
 この借金が無くならない間は、 国民の財布のひもは緩まない。
 つまり、景気回復は実現しない。

4.外交・防衛問題は全ての事項に優先する  
 景気回復問題、年金問題、行政改革問題、
 我が国の問題は山積するも、
 この全ては国家の領土と国民の生命が確保されて
 初めて成立する問題である。
 つまり、この問題は全てに優先され、
 最低限クリアされるべき問題なのである。
 尖閣諸島どころか沖縄までも中国に、
 また北海道をロシアに狙われかねない状況で、
 どこに安堵感を持とう。
 北朝鮮のミサイル攻撃に自国でどこまで対処できよう。

5.全ての問題のルーツは教育問題である  
 4とセットで考えて頂きたい。
 絶対に譲れない最低の砦が「防衛」。
 全ての問題を解決するのに時間をかけて取り組む最優先課題が「教育」だ。
 全ての問題は人間のモラルが上がれば解決する。
 戦争にしても人間のモラルが高ければ存在しない。
 そんな教育レベルを上げてゆくのが大切であろう。 
 何も高い学歴を求めている訳ではない。
 人としての「思いやり」の話をしているだけだ。 

6.マスコミは愚の骨頂である  
 マスコミ自体の機能を卑下している訳ではない。
 本来、マスコミとは抑止力として世論の見方になるべき力だ。
 しかし、昨今のマスコミは、利益優先主義と匿名の特権の元に
 低いモラルの上に揚げ足取りに必死である。
 また、国民がすっかりその術に操られている。
 マスコミにこそ、高いモラルと教育が大切であると考える。

7.権利を主張する前に義務を果たせ  
 これも教育に通じるところがあるが、
 自分の権利や主張をする前に
 きちんと自分の義務や責任を全うしているか否か、
 自分の胸に手を当てて考えて頂きたい。
[PR]
# by primeministert | 2010-11-08 20:31 | 基本概念

尖閣諸島VTR流出について

まさにお粗末に次ぐお粗末。
尖閣諸島VTRが違法行為によって流出した。
また、それに世論があまり罪悪感をもっていないという事実。
この事実から本当に多くの問題が垣間見れる。

1.国家機密の情報セキュリティの甘さ
 国家機密、特に外交機密に関しては
 トップシークレットで扱われるべき情報だ。
 その情報が簡単に流出してしまうという管理の甘さ。
 これは管理が甘いのか、それともweb社会の限界か、
 それはしっかりと検証していかなければならないであろう。

2.違法性の称揚
 公開すべきか非公開にすべきか、
 これは大いに意見が割れるところであろう。
 個人的には公開を是としている立場をとっているが
 このまま国民感情を逆なでする方向性を誘導した場合
 どのような結末にするかという明確な策は
 無能の私と外交カードを持たない我が国には持ちえない故に、
 ここは非公開の一手も理解できるところである。
 ただし、明確な事が一つだけある。
 それは今回の公開の方法が違法であるという事である。
 この違法性は法治国家としてしっかりと対応しなければならないであろう。
 もっとも、違法漁船の違法性も、
 法治国家としてしっかりと対応しなければならなかったのであるが・・・。

3.政治と世論の乖離
 政治は非公開を選択し、
 国民は公開を望み、
 政治は違法性を告訴に踏み切り
 それでもwebは公開を歓迎し、犯人特定を望まない。
 この乖離は何だ。
 国民が主権者であろう。
 そして主権者の世論を反映させるのが政治ではないのか。
 平和ボケとマスコミの誘導の為に
 それほどレベルが高い世論だとは思わないものの
 やはりこれだけ政治と世論が乖離していては
 主権国家として良い結果は出ないのではないかという危機感に駆られる。
[PR]
# by primeministert | 2010-11-08 19:36 | モノ申す

歴史的敗北。9.24 国(92)が死(4)んだ日

憎っくき独裁国家、中華人民共和国。
テロ国家というには余りにも一見合法な主権国家。
日本は、あまりに無力であるが故に、
あの国の欲求の捌け口にされてしまった。
脅され、辱められ、たかられ、
日本は中国の足の裏を土下座して舐めさせられた。
これから全裸にさせられて、どんな屈辱を味わうのであろうか。

皮肉なことに、日本の憂うべき未来は、
当サイトが申し上げている通りに、
あ、いやそれ以上、加速度的に推移している。
まさに私が警鐘を鳴らしている通りの筋書きで推移している。
思いあがる訳ではないが、
15年程前に、我が国の外交的欠陥、経済的欠陥に気づき、
恐怖すら覚えた私は
こんな事態になることを懸念しつつも予想していた。
だからこそ、危機感を持って貯蓄をしたし、
このままの社会の構造ではいけないと訴えてきた。
しかし、この国の国民は私が予想した以上に危機意識に欠けていた。
世界中の国が外交で凌ぎを削り、
自分の未来を自分で描き、戦略的努力をしていた時に、
我が国は平和ボケをして、うつつを抜かしてきた。
貧困な国の若者が明るい将来を勝ち取る為に、
さまざまな問題提起をしている頃、
我が国の「ゆとり君」たちは、
オヤジ狩りをしたり、ガン黒娘になったり、
汚ギャルになってみたり、モンスターペアレントになって見たり・・・。
選挙に行くのが面倒臭い。
政治なんてダサい、ウザい。
自分だけが良ければ良いんじゃない?
空爆ってネオンみたいでキレイ。
難しい事は良く分からないから関係無い。

こんな国に足の裏を舐めさせるなんぞは、
考えてみれば簡単な事だったのであろう。
それでも国民は一つにならず、
やれ民主が偉いだの自民が偉いだの揚げ足を取り続けている。
これだけ国家が辱めを受けたのに、
国が一つにならない。
この責任は誰にあるのかは分からない。
しかし、末期的状況である事だけは間違いない。
[PR]
# by primeministert | 2010-09-26 22:05

世界に笑われる腰抜け国家

尖閣諸島問題における逮捕中のバッタ物の国の船長を、我が国が釈放した。
バッタ物に舐められて領海侵犯をされた上に、
正義を主張すると恫喝によって国家が腰を抜かして陳謝した。

私は今回の結末を今後の日本の行方だと思っていた。
軍事もない、資源もない、お金もない、その他の何の外交カードもない、
そんな国の政府がこの難局をどう乗り越えるか。
米国と対等で米国に頼らないという信念の民主党のお手並み拝見と思っていた。
その結果は理不尽な恫喝に泣き寝入りした。
自国の領海を荒らされながら脅しに屈した。
現在の日本の立ち位置と今後の真っ暗な運命が見えただろう。

皆さんに言いたい。
これが日本だ。これが日本国憲法下の法治国家だ。
この先、このバッタ物の国は次々に圧力をエスカレートさせるであろう。
そして腰抜け日本はそれでも謝り続けるであろう。
ミサイルを打ち込まれて死者が出て、抗議しても
バッタ物の国が恫喝すると謝るであろう。
「どうも、すいませんでした。我が国の国民が数十人死んだくらいで・・・。」
これで良いのか?
本当にこれで良いのか?
悔しくないか?
本当に悔しくないのか?
私は悔しい。
悔しくて悲しい。
こんな理不尽な恫喝が勝利するならば、
自分の命を刺し違えても相手に一矢報いたい。
そんな私がおかしいのか?
そんな私が過激なのか?

具体的には憲法改正と軍事増強だ。
軍隊は戦争をする団体ではない!
外交カードだ!
どうして、この国の国民はこの事に気がつかないのだ。
仮に米国の保護で外交勝利を勝ち得ても、
それで良いのか?
米国は本当に善意で日本を守ってくれるのか?
本気で善意なんかで日本が守られているとでもお思いか?
それでも貴方は逃げるのですか?
それでも貴方は無関心ですか?
[PR]
# by primeministert | 2010-09-25 00:03 | モノ申す

与党民主党の力量

対ドルの為替レートが85円を切り、
東証日経平均株価が9000円を割った。
いわば経済的非常事態である。
政治と日銀が危機意識を持って対策を打つ時である。

そんな時に政権与党の民主党は何をしているか?
それは、9月に控えた代表選に明け暮れているのである。
管派、小沢派、どっちでもいい。
お宅らは、同じ政権与党なのであろう。
伊豆の集会に集まったとか、
若手の囲い込みに必至だとか、
軽井沢の勉強会に何人出席しただとか、
そんな事は日本国には、何の関係もない。

もう一度言う。
お宅らは政権与党なのだ。
こんな危機的状況下でお家騒動をしているのであれば、
いつでも野党に下野して頂きたい。
小沢前幹事長が代表選に立候補する時、
それは弊サイトが民主党を見捨てる時であり、
同時に日本国民が民主党を見捨てる時である。
[PR]
# by primeministert | 2010-08-25 22:44 | モノ申す

さあ、低俗卑劣なマスコミの揚げ足取りが始まった

管政権発足後、支持率の高さゆえか、珍しく大人しかった馬鹿のマスコミだが、
参議院選挙の公示後、予想通りの無責任揚げ足取り報道に拍車がかかってきた。
管首相の所得税還付宣言のブレ、
民主党の小沢派と非小沢派の亀裂、
またもや政権の体力を奪う報道に必死である。
マスコミはまたもや首相を交代させたいのであろうか?
そんな事をして何がしたいのであろうか?
マスコミがしたい事は一つ、
スキャンダラスに報道して世論を煽り、視聴率と販売部数を上げる事
結局、自分自身の利益を追求しているだけだ。
誠実に我が国の将来と向き合って、という気持ちはさらさらない。
売れれば良いのだ。
儲かれば良いのだ。

国民よ、低俗卑劣、そして無責任なマスコミにコントロールされてはいけない
確かに管首相の発言に矛盾がないとは言えない。
また、民主党の中には確かに亀裂があることであろう。
しかし、考えてほしい。
手ぐすねを引いて、今か今かと揚げ足を取ろうと待ち構えている全国のマスコミにさらされて、
何一つ非の打ちどころの無いパーフェクトな人間など何処にいよう?
誰しもミスはあるし、触れられたくない過去もあろう。
そんな中にあってマスコミは、匿名で色を付けた報道をし放題。
何とも卑劣ではないか。
しかし残念ながら、これが今の日本のマスコミだ。
だからこそ、国民はコントロールされないで選挙に臨みたい。
例えば、管首相の揚げ足を取って政権を潰したら、
次は誰がやれば良いと思うのか?
また、その人がやれば揚げ足を取らないでいられるのか?
その人とはそんなにパーフェクトな人間なのか?
それともこのまま毎年首相を変えて、我が国を自滅させたいのか?
首相が変わるという事の経済的、時間的ロスをどのように考えているのか?

もう一度言おう。
パーフェクトな人間など、この世に一人もいない
だからこそ有権者である国民は小さな揚げ足取りなどしないで、
マクロの視点で主体性かつ責任感を持って我が国を将来を考えて頂きたい。

私は今の我が国の救世主は「安心感」だと思っている。
消費税が20%を越えようとも、将来の安心感があればそれがいい。
贅沢などしなくても良いが、徘徊老人やボケ老人が家族から出ても
普通の生活が出来るようなセーフティーネットが欲しい。
「ばら撒き」と呼ばれている目先の現金など欲しくない。
将来の安心が欲しいのだ
貯金などそこそこにしていれば、年金で最低限の幸せな暮らしが出来る世の中であれば、
さまざまな購入意欲、投資意欲が湧く事であろう。
借金まみれで破たん寸前の国では、将来の為にいくら蓄えがあっても足りない。
リスクを取って何かに挑戦する気などさらさら湧いてこない。
やはり小泉首相の言った通りだ。
財政再建なくして景気回復なし
そんな政策をしてくれる政党ならば、どこの政党でも構わない。
しかし、ただ一つだけ言える事は、
政権を潰し続けている限り、政治は何も動かない
そして、そのうち日本国は破たんしてしまうであろう。
そんな時に限って、選挙にも行かず文句ばかり言っていた者が
暴動でも起こすのであろう。
[PR]
# by primeministert | 2010-07-02 00:30 | モノ申す